手作り教材のその後の展開

環境パズルの試作は持ち運びしやすいうえに見た感じキャッチーなので、ことあるごとにいろんな人に試してもらっている。

自腹で2セット作ってるので、1個は配属先専用、1個は私物として自分専用。

そんな中、いくつかの貴重なご意見をいただいた。

改善案その1。

パズル1枚1枚の裏面に、簡単な質問を書く

パズルが完成した後でゆっくり全体を観察することも大切だが、パズルをする前にも個人で観察してほしい。

かと言って、パズル前にも後にも1枚ずつのパズルについて話をするのでは、ちょっと間延びしてしまう。

そんな時に、裏面を見てもらうだけでこんな視点で観察してみようというメッセージが伝わる。

とある手工芸の新隊員さん案。

即採用。

とりあえずは日本語で。

実際に試してみると、パズルをした時の気づきがだいぶ拡がった。

カメが食べているのはクラゲかな?

でも、、繋げてみると、

ビニール袋だ!!!

繋げてみると、、、

そこには僕たちの生活があるんだね。

これは別の教材にも応用できそうな気がする。

ちょっとだけヒントというかパスを出すような感覚。

改善案その2。

現地語といっしょに英語でも表記する

僕が言うのもおかしな話だけど、環境教育というものは興味のない人にとっては必要性を感じてもらいにくい。

なので、異言語学習との抱き合わせで、ついでに環境についても学べるのなら教材の需要が増えるように感じた。

これはとある日本語教育機関で見てもらった時に出た案。

日本語教育の教材として使ってもらうのはどうだろうという話し合いをしていた。

たとえば彼はゴミを捨てていますなどの簡単な文章の作成から始まり、絵を見て感じたことを言葉にしてみるという実践的な授業の教材として使えるのではないか。

それならば英語を併記したら、中学校の英語の授業でも使えるかもねという流れだ。

ワークショップと同じように、教材もどんどんカスタマイズしていく。

汎用性とか利便性とか実用性とか。

使う人の立場を想像して、より簡単で、より効果的で、より楽しいものに。

にほんブログ村

ポチッとしてくれてる人ありがとう。