下鴨神社へその7終

2017年5月30日火

浦の廻廊を伝って、御手洗池に戻る。

井上社

7月の土用丑の日のみたらし祭のときに足つけ神事が行われる場所。ふだんはこんなに水が少ないんだ!土用になると水が湧き出るという言い伝えがある。

御手洗池を歩いてやってくると、ゴールが井上社。

足つけ神事のときは、赤い橋の前に蝋燭の献灯台がおかれ、無病息災を願う。夕方にはゆれる蝋燭の炎が幻想的だとか。ご祭神は瀬織津姫命、穢れを祓う神様。

井上社の隣に何やらある。

鴨社直会殿泉聲

立ち入りが規制されていたので、門から覗いてみる。説明板によると、中に紫式部の庭と名づけられた庭園があるとのこと。

さすがに良い時間となった。残念だが、鴨社資料館や鴨長明資料館けっこう出町柳方向に戻らないとならないへは寄らず、昼食を取って、ピンクのくまさんのショップにお邪魔した。

広告を非表示にする